読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中牟田俊男の三田村

患者数が増加しているうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、強い憂うつ感、不眠疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の辛い症状が2週間以上続くのです。
体脂肪量(somatic fat volume)には変化が見られないのに、体重が食物摂取や排尿等により一時的に増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が高まります。
世界保健機関は、有害な紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮膚にトラブルを誘引する可能性が高いとして、18歳以下の男女がファッション感覚で日焼けサロンを利用する行為の禁止を強く勧めている最中です。
債務整理 手続き 豊島区
チェルノブイリ原発の事故の数十年に及ぶ後追い調査の結果からは、大人よりも体の小さい子供のほうが拡散した放射能の良くない影響をより受容しやすくなっていることが理解できます。
アルコールをクラッキングするという力のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に効く成分です。ゆううつな宿酔の要因とされるエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも作用します。
骨折したことによりかなり出血した際、低血圧になって目眩や冷や汗、悪心、座っていても起こる意識喪失などの脳貧血の症状があらわれる場合もあります。
薬、酒に含まれるアルコール、化学的な食品添加物等の成分を酵素で分解して無毒化する機能を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の果たす最も重要な役割分担の一つであることは間違いありません。
脂溶性のV.D.は、Caが体に吸収されるのを促す事で広く知られており、血液中の濃度を操って、筋肉の働きを微調整したり、骨を作ったりします。
国民病ともいわれる花粉症とは、森のスギやヒノキ、マツなどの飛散するタイプの花粉が元凶となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を齎す病気なのです。
必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや運動は当然のことですが、心身両面の健康や美容を目的とし、目当ての栄養を補うために色々なサプリを摂取する行為がおかしくなくなってきていると言われています。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではなく覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋緊張の保持など)ために必ず要る理論上のエネルギー消費量のことを言います。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が挙げられます。
鍼灸用のはりを体に刺してもらう、というフィジカルな程よい何か所もの刺激は、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと呼ばれている要するに電気信号伝達を発生させるという見方が浸透しています。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロする異物感などの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛び散っている量に比例するかのように悪化してしまうという特性があるということが明らかになっています。
老化が原因の耳の遠さはなだらかに聴力が低くなりますが、多くの人は60歳を超えないと聞こえの悪化をしっかりとは自覚できないのです。